読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渇きの閾値

日常瑣末事

あまりに唇がカサカサするので、リップクリームを購入した。中高生の頃は友人につられて良く使っていたが、最近すっかりご無沙汰していた。無頓着になっていたが、見過ごせないほどの自分の唇のカサカサ具合に、そうだリップクリームでも買おう、と思い立った。昔は一〇〇円程度で買える安価なメンソレータムを使っていたけれど、もう大人なのでどうせならいいやつを買おう。インターネットで人気のリップクリームを調べたところ、DHCとオーガニックなものが人気で使い勝手が良いようだ。前者は七〇〇円で後者はなんと一五〇〇円。リップクリームの存在を侮っていた私にとって驚きの価格だったが、高いものであれば大切に使うかな、とDHCのものを購入してみた。

どれ、とつけてみたところ、メンソレータムに比べて滑りが格段に良い。スッと抵抗なく塗れる。あまりに唇が乾きすぎていたため、五往復くらいしてようやく潤いを取り戻した。匂いは特になく、自然なテカテカを呈した唇は良い感じで、嬉しくなった。おお、これがリップクリーム。すっかり気に入った。これからは思いついたらリップクリームを塗ることにしよう、と一番使う頻度が高そうな、車内の運転席から手が届く棚に置いておくことにした。信号で止まった時に、そうだ、と塗れるように。それからは、一日一回は必ずリップクリームを塗る生活が始まり、女子力が上がった気がして、我ながらほくほくしていた。

その話を女友達に話した時のことだ。彼女もDHCのリップクリームを使っているようで、一緒だね、なんて浮かれていたら、彼女はポケットに忍ばせ、ことあるごとに塗り直しているという。だって乾くじゃん、と。えっ、ペロって舐めればいいじゃん。それだと余計乾くじゃん。衝撃だった。今まで私が乾いていないと思っていた段階も、もしかしたら世間的には乾いていたのかもしれない。カサカサが極限に達し砂漠段階になって初めて、私は乾いている、と認識していたのか。彼女と私では、渇きの閾値が全然違う。ゼロベース始まりの私には一日一回のぬりぬりでも十分生き返ると感じていたのに、足りないのか。

思い立ったら、即行動。早速私も仕事中、エプロンのポケットにリップクリームを忍ばせ、ことあるごとにリップクリームを塗るということをやってみることにした。自分では乾いたと思っていなくても塗る。そう決意したはずなのに、気づけば一日が終わりかけていた。ああ、初心貫くべし、ぬりぬり。ああ、忙しい忙しい。。

翌日仕事に行く時に、信号で停車した時に、そうだリップクリーム…と思って手を伸ばすと、所定の位置にない。ああそうだ、昨日仕事の後ポケットから出して、かばんに入れようと思ってそれからどこやったっけ。これでは本末転倒だ。一日一回のリップの時間さえもなくなりかねない。ツヤツヤ唇への道はなんと奥深いのだろうと気が遠くなった。

教訓として、渇きの閾値をもう少しだけ下げてみる事、そしてリップクリームは数本持って色々な所に神出鬼没に忍ばせておくこと。これからは世の女子達の唇に、もう少し注目してみたいと思う。